Skip to content →

市営城前団地 改良住宅 建て替え工事進行中

日本 > 東北地方 > 福島県 > 会津若松市 >

鶴ヶ城の北東に位置し、江戸時代に多くの武家屋敷が立ち並び、戦時中は陸軍の連隊兵舎等が建設されていた地区。終戦後、連隊兵舎等は改修されて引揚者等のための住宅として利用された。昭和29年から公営住宅として整備され始める。昭和35年から連隊兵舎等を利用した住宅が除却され、改良住宅が整備され、現在の城前団地が整備された。老朽化のため、工期平成26年~41年までの「城前団地建替計画」が平成23年度に策定された。更新住宅・公営住宅へ建て替え工事が順次進んでいる。(参考元:「城前団地建替計画」について _ 会津若松市

公営住宅 15棟 94戸 低層住宅 昭和29年~31年、56年築
改良住宅 28棟 486戸 低層住宅 中層住宅 昭和35年、昭和36年~42年築

〒965-0803 福島県会津若松市城前8付近

▼若松第二中学校の西側に残るレンガ門は連隊兵舎の表門
〒965-0803 福島県会津若松市城前1-2付近
(参考:会津若松市歴史資料センターまなべこ)

 前のページ
会津若松 中の湯 入浴

福島県・会津若松市
次のページ 
会津若松 楽天地飲食街と栄町歓楽街

福島県・会津若松市
341 views