Skip to content →

会津若松 中の湯 入浴

日本 > 東北地方 > 福島県 > 会津若松市 >

日本の原風景的な銭湯。
番台のお婆ちゃんのお話によると、昔この辺は田んぼで木造の市営住宅が建っていたらしい。
地元の常連客のおばあちゃん達が多く、人懐こかった。
予想通り、地元でない人間が入浴しにくることはあまりないらしく、好奇心旺盛にいろいろ話しかけられた。
施設は脱衣所も浴室もかなり老朽化していて、髪の毛を洗っているうちにシャワーのヘッドの噴出口部分が取れてしまった。
幸い、はめ直したら元通りになったが、多分あれは元から壊れていた。
湯船は洗い場の奥、二層に分かれていて、お湯加減はちょうど良かった。
自宅で髪を乾かす地元常連客が多いようで、髪を乾かしたいからドライヤーを貸して欲しいと頼むと、しきりに「旅館に帰ってから髪を乾かしたら?」とすすめられた。
雪の降りしきるなか濡れた髪で帰る気力はなく、使えれば何でも良いからと頼むと、ほとんど使われていなホコリまみれのドライヤーを奥から探し出してきてくれた。
お婆ちゃんも気乗りしない様子だったので、あまりドライヤーは期待しない方が良い。
お婆ちゃんの話によると、どこからかやってきた得体の知れない男女の入浴客がせっかく買った新しいドライヤーを持って行ってしまったらしい。
レトロな店内に感激して写真を撮らせてもらっていると、古い看板などで喜ぶ客が不思議らしく、怪訝な顔をされてしまった。
会津若松駅から離れた場所にあり、最寄り駅の西若松駅も電車の本数が少ないので、帰路について細かく問われて心配されてしまった。申し訳ない。
ただ最寄り駅の西若松駅は21時台にまだ電車が残っていた。

入浴済 400円
ハンドドライヤー20円
番台式
〒965-0000 福島県会津若松市材木町2丁目6-14

▼ストリートビューの外観画像

 前のページ
会津若松 ハトヤ食堂 ソースカツ丼

福島県・会津若松市
次のページ 
市営城前団地 改良住宅 建て替え工事進行中

福島県・会津若松市
67 views