Skip to content →

両国 松山ビルディング レトロ建築 解体済

日本 > 関東地方 > 東京都 > 墨田区 >

2016年4月1日から取り壊される予定の松山ビル。
1929年(昭和4年)竣工、RC造り3階建て(4階は屋上)。アールデコ調の近代建築風ビルディング。
内部を事務所として使用していた写真家の三好心さんが、解体前の一般公開見学会と写真展を開催するというので、最終日に見に行ってきた。ちょっと同潤会アパートみたいな雰囲気。

※2016年4月~5月頃に解体された

〒130-0021 東京都墨田区緑1丁目16-4

↓1階~2階の踊り場の共用郵便受け。重厚でクラシックなデザインが格好いい。

↓割れたままの4階屋上のガラス窓

↓螺旋のような階段。床のジオメトリックなタイルとの対比が美しい。手すりの柱を間引きして穴埋めしたような跡がある。

↓石をくり抜いて作った昔の流し台。時代が進むとタイル貼りの洗面台の生産が多くなる。

↓4階屋上。バスタブでも置いていたのかと思われるしきりが謎。
マネキン人形は写真撮影用のオブジェか何か?

↓洗面台の排水口

↓外壁のスクラッチタイルはほとんどの部分が塗装されていてオリジナルの部分は一部しか見ることができない。

↓2〜4階の階段部分のステンドグラスっぽい窓。黒い縁取り部分はガラス面にぴったり密着した素材だけど色部分のコーティングは剥がれてる。ステンドグラスはどうやら本物ではないらしい。

 

↓まるでバーみたいにお洒落な暗室

↓三好心さんの写真作品

↓トイレの鍵の字が右から書いてある。戦前のまま?

↓解体票

↓もしかして同時刻に同じ場所から写真を撮って少し会話をかわした御方でしょうか?

↓こっちは自分が撮った方

↓同じく両国にあるこの廃墟のようなビルも気になってる。

 前のページ
八王子のムクドリ他

東京都・八王子市
次のページ 
千歳弁天湯 墨田区 入浴

東京都・墨田区
248 views