Skip to content →

大前駅(おおまええき) 吾妻線 標高840.4m 午前

日本 > 関東地方 > 群馬県 > 吾妻郡 > 嬬恋村 >
路線バス廃止線(鹿沢線)~上信鉱山・煉瓦焼成炉跡(ロウ石山) 徒歩めぐり
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |

▼一つ手前の万座・鹿沢口駅には何度も訪れたことがあるけど、終点の大前駅まで来たのは初めて。
電車の本数が上下とも1日5本と少なく、ほとんどが万座・鹿沢口駅で折り返してしまうので、なかなか訪問機会を作りにくかった。 行き止まりの無人の終点駅なので、さぞかし秘境駅っぽい雰囲気が漂ってるかとおもいきや、意外に大前まで乗ってくる乗客は多く(10~20人位いたかな? 半数以上は鉄オタっぽく、そのほとんどは写真を撮り終えると同じ電車に乗って引き返して行ったが)、想像していたよりは寂れた雰囲気がなかった。待合室も新しく(トイレはボットンだったが)、駅周辺に古き良き雰囲気の施設は発見できなかったように思う。開業年月日が昭和46年3月7日とそんなに古い駅ではないので、無理もないかも。
参考:大前駅 – Wikipedia
参考:JR東日本:各駅情報(大前駅)

▼107系。お花っぽい配色で色は可愛い。でもロングシートの車両は好きじゃない。
参考:JR東日本:車両図鑑>在来線 107系

▼107系の車内。苦手なロングシート…。

▼駅名板。柱に標高が書いてある。「道中安全」と書いてある隣の双体道祖神もかなり新しそうに見える。

▼駅名板の柱に書かれた標高。意外に高い。

▼待合室の内部。ベンチの座布団だけはローカル。

▼吾妻線はワンマン運転ではなく運転中も車掌さんが車内を巡回に来るけどドアは手動開閉(全駅かは不明)。
中央本線も相模湖駅以西は手動だったりするので私は全然驚かなかったけど、時々戸惑う人もいるみたい。

▼待合室内に貼られている時刻表。

▼運賃表。読みが書かれているのは有難い。切符の自販機類はない。車掌さんによる車内精算になる。

▼大前駅 ホームと待合室。

▼ホームに貼られている大前駅周辺案内図。

▼大前駅から見た大前橋(正面)と嬬恋温泉の建物(右)。

 前のページ
中央前橋駅裏の歓楽街 城東町

群馬県・前橋市
次のページ 
大前橋~中央大前バス停(廃止)~日本廻国供養塔~神前バス停(廃止)~報国英霊碑~嬬恋農協前バス停(廃止)~A-COOP~干俣口バス停(廃止)~干俣川橋

吾妻郡・嬬恋村
156 views