Skip to content →

兎平~八方山麓駅~細野諏訪神社~白馬駅

日本 > 中部地方 > 長野県 > 北安曇郡 >
五竜岳~唐松岳 1泊2日テント泊登山
1日目
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |
2日目
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |

15:21。兎平に到着。

天気予報。

子供の頃よくこのゲレンデでも滑った(滑らされた)なあ。兎平はコブが多くて嫌いだった。

15:24。ゴンドラリフトアダムに乗り換える。

ゴンドラリフト・アダムに乗車。このゴンドラも子供の時にスキーで世話になった…。

だんだん下界が近づいてきた。白馬ハイツがよく目立つ。
カシミール3D写真

スキー場にある貯水施設を横切るゴンドラ。

ゴンドラアダムの 八方山麓駅が見えてきた。

15:51。八方山麓駅に到着。スタンプがあったので押印する。

黒菱平からの片道のリフト&ゴンドラ料金を八方山麓駅で精算。

片道だけの利用者があまり多くないのか、お金を払っても切符は渡してもらえず、こちらから頼んで日付入りの切符を発行してもらった。

ゴンドラリフトアダムの八方山麓駅の建物には1998年の長野オリンピックのロゴマークが。

16:02。リゾートホテルモンシャトル北城前の廃橋。リゾートホテルモンシャトル北城前の廃橋。16:02。子供の頃、この辺にあったメルヘンチックな雑貨屋で白鳥のガラス細工を買った懐かしい思い出が。

16:06。旅館・花岡。ここに宿泊してスキーしたこともある。思い出。

16:07。細野諏訪神社。

16:08。細野諏訪神社の近くにある薬師堂。

薬師堂の石碑。

明治初期の八方の山麓周辺の住民の人達はネパールのシェルパみたいな役割をしていたんだな。

「すべて木造の名木山スキー場のリフト(昭和29年12月建設)」ってすごい。この時代なら鉄骨可能じゃなかったのか?

16:10。手打ちそばまえだから八方尾根リフトゲレンデを眺める。

16:13。道端に古い石仏。ゴンドラリフトアダムの八方山麓駅からJR白馬駅まで2.5km前後あるけど、歩いて白馬駅まで向かってしまう。

16:19。立ち寄らなかったけど、県道322号線沿いにある神社や庚申塔。地形図には地図記号が記載されているけど、Google MapsやいつもNAVIには何も記載されていない。

細尾根。山腹に登山者の列が見える。
カシミール3D写真

16:22。白馬ヴィラ八方という宿で素泊まり3500円の看板が出ていた。でもホームページを見ると3500円は3名以上の料金のようだ(1~2名は4000円)。

16:23。八方尾根のゲレンデからも見える巨大な白馬ハイツ。

16:30。北東の八方山あたりに不思議な虹がかかってるのを発見。
カシミール3D写真

八方山の不思議な虹。

16:32。路線バスの八方口バス停。

16:33。八方口改名記念の石碑と石仏。

八方口改名記念石碑前の道はサイクリング用コースにも選定されてるみたい。

現在の千国街道(国道148号線)より370mほども北西にある道なのに、なぜか「中部北陸自然歩道(塩の道・千国街道)」の道標が。どっちが正しいの?16:33。途中Aコープに寄って食料を調達していく。

16:49。白馬山麓ツアーズという所ではレンタサイクルを扱ってる。でもこの日はシャッターが閉まっていた。

16:51、やっとJR白馬駅に到着~。

16:50。白馬駅ロータリー前の飲食店や土産店など。手前の建物の2階にある「ごはん屋ふきのとう」って結構ボリュームあって美味しかったんだけど、いつのまにか閉店してしまったようだ。白馬駅前は昔MKビルにマクドナルドも入ってたけど、これも撤退。MKビル1階のマクドナルド跡は現在空になっているようだ。白馬に来た時は「雷鳥の里」ってお菓子を買うのが好きだったなあ。

こちらも白馬駅前の飲食店や土産店。真ん中の建物の「手打ちそば・お食事ふじや」もよく利用したなあ。

17:05。大糸線に乗って帰路へ。

17:24。大糸線の車窓から。
カシミール3D写真

簗場駅近辺。以前登った小熊山のハイキングコース(サンアルピナ鹿島槍スキー場)が見えてくる。

17:30。
カシミール3D写真

同じく以前通りすがったゆーぷる木崎湖の建物が見えてくる。

17:52。有明山(2268.3m)が見えてくる。
カシミール3D写真

標高はそれほどでもないけど、登るには結構キツい山らしい。遭難事故も時々あったりして、なかなか侮れない山だとか。

このあと無事に自宅までたどり着いた。おわり。

 前のページ
八方池山荘~黒菱平

長野県・北安曇郡
次のページ 
八王子駅の転車台(解体済み)

東京都・八王子市
141 views