Skip to content →

白岳~五竜山荘

日本 > 中部地方 > 長野県 > 北安曇郡 >
五竜岳~唐松岳 1泊2日テント泊登山
1日目
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |
2日目
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |

白岳(しらたけ)(2541m)に到着。地図上の位置より80mほど手前に道標とケルンあり。時刻は14:25。朝6:00に神城駅を出発してから8時間半近く経った。

白岳からの五竜岳の眺めは最高。あとは五竜山荘に向かって下るだけ。

遠見尾根分岐14:34到着。到着時刻に余裕があれば当日中に五竜岳山頂まで往復ピストンしてこようかと思っていたけど、無理。

14:38。五竜山荘に到着。テント場のテントが一杯になってきたので、あわてて手続きをする。

先客の皆さん。

水は1リットル100円。

気温は18~19度くらい。

五竜山荘入口。「種池山荘はクマ出没のためテント場閉鎖注意」の張り紙あり。

五竜山荘内に木製の小さな手作りスタンプがたくさん用意してあったので押印。

五竜山荘のスタンプ。

五竜山荘のスタンプ。

五竜山荘のスタンプ。

五竜山荘内で配布していた登山認定証も記念にいただく。

テント設置完了

残念ながら、五竜山荘でのテント場はあまりいい場所が取れなかった。地面がちょっと斜めになっていた。それでも私はまだマシな方だった。この日は混雑していて、遅く到着した人はテントの場所が取れず、小屋の人に相談したら「申し訳ないけど小屋に泊まって頂くしか…」と言われてしまった。私の隣の人達も大きなテントなのに地面が斜めになっていて寝るのが大変そうだった。場所取れただけでも幸いだった。テント張って、ご飯作って食べて、一息ついたら16時過ぎてしまった。他の人達はみんな元気で、外に出ておしゃべりに花を咲かせてた。

夕方6時近く、まだ空は明るかったけど濃いガスが出てきた。夕焼けは期待できそうになかったし、さっさと眠ってしまった。

夜9時半頃に目が覚めた。気温は12度前後になってた。外の様子を見てみると満点の星空で、起きて天体観測したり、まだおしゃべりしてる人達が結構いた。皆ほんとに元気だなーと感心した。私はiPhoneの天体アプリを使ってしばらく星を観察してみた。白鳥座、オリオン座、金星、木星、カペラ、カシオペア、ペルセウス、ベガなどが確認できた。流れ星はビックリするほど明るいのが2~3秒もかけて落ちていった。大糸線の方の下界を見下ろすと街の光がきらめいてて、上見ても下見ても細かい光の粒がキラキラ光ってるし、まるで天空の城ラピュタの鉱山内のワンシーンのようだった。でも全体的には真っ暗なので、三脚もないカメラで写真を撮るのはかなり難しかった。

 前のページ
岩場・クサリ場(遠見尾根)

長野県・北安曇郡
次のページ 
五竜山荘~五竜岳山頂

長野県・北安曇郡
70 views