Skip to content →

草津白根山・湯釜 スノーシューハイキング

日本 > 関東地方 > 群馬県 > 吾妻郡 > 嬬恋村 >

快晴

コース:JR万座・鹿沢口駅(駅周辺散策)→万座温泉バス停→朝日山第一ロマンスリフト(乗車)→白根山(2160m)・湯釜→豊国館(温泉入浴)→万座温泉バス停→JR万座・鹿沢口駅

日帰りで草津の白根山にスノーシューイング。
帰りの電車の時間が気になってあまりゆっくりできなかった。
バスの発車時刻まで時間があったので、万座・鹿沢口の駅周辺をぶらぶら散歩して、草軽電鉄の廃線跡などを一部見て回った。

白根山の場所:国土地理院1:25000地形図 ウオッちず 上野草津(長野)

▼JR 万座・鹿沢口駅(まんざ・かざわぐちえき) 吾妻線。ホームは片側のみ。

▼万座・鹿沢口駅正面

▼駅前の菊屋ふとん店と吾妻屋食堂(エバーグリーン)。
昔はこの駅前もっと活気があった気がするのだが、気のせいか。

▼駅前の入沢土産店

▼万座駅前の吾妻川沿いに設置してあった三原床固群概要図の看板。

▼駅前の中居重兵衛之碑。
ここから700mほど離れたところに群馬県指定史跡の中居重兵衛の墓があるらしい。

▼万座・鹿沢口駅バス停
背後がきれいに造成されているのは、沿線の周辺と同じくかつて激しい岩壁だったのが崩れ落ちて人が数人亡くなったからとのこと。
それからがけ崩れ防止のために、(10~20年ほど?の)長い年月をかけ、現在のような造成にしたらしい。
地元の人から教えてもらった。
そして、この時は気づかなかったが、この駐車場内にそのがけ崩れの説明と工事竣工記念碑の石碑があったらしい。
<笹平地区の大規模崖崩れ:昭和41年7月30日発生>

▼JR万座・鹿沢口駅背後の造成された部分。

▼駅前駐車場と法面工事をした壁面。駐車場の端に竣工記念碑あり。
壁面に施された排水溝(タテのスジ)の下の方が赤くなっているのは、鉱水の影響とのこと、地元の人のお話。

▼かつて駅の周辺はすべてこのような激しい岩壁だった。

▼スキーー・スノボの持ち込みは1点につき50円かかるとのこと。自転車とかはどうなんだろう。

バスの運賃表は以下の通り。

万座・鹿沢口駅発(浅間・白根火山ルート) 西武高原バス(株) TEL.0267-45-5045
東三原 2分
岩井堂 160円 4分
上の山 200円
嬬恋高原 450円
嬬恋プリンスホテル 490円 10分
表万座スキー場入口 850円
表万座スキー場(冬季のみ) 930円 27分
弁天橋 1260円
万座 1310円
万座温泉 1310円 68分
奥万座 1460円
白根火山 1630円 93分
殺生河原 2030円
御成山スキー場 2160円
天狗山スキー場 2330円
草津温泉 2440円 123分
長野原駅 148分

▼バス待合所

▼草軽電鉄 吾妻川に残る鉄橋の橋台跡。地元の方のお話によると、草軽電鉄当時の鉄橋跡は斜めの古い石垣で、垂直のコンクリートは後から塗り固めたものとのこと。

▼後から塗り固めたコンクリート部分。

▼対岸から見た橋台跡

▼草軽電鉄 廃線跡。火の見櫓の左側の通りを草軽電気鉄道が走っていた。
この通りを少し入り込んだ所に上州三原駅があった。

▼旅館 岩井屋(三原の宿)。鹿沢国民休暇村と書いてあるのは今も利用できるんだろーか。

▼天明の埋れ木

▼草軽電鉄 嬬恋駅跡(くさかるでんてつ つまごいえきあと)

▼万座温泉バス停

▼後ろに見える階段は空吹展望台に至る。

▼駐車場前の山の斜面からもうもうと火山ガスがあがっている。

▼ここだけ見ると一瞬ヒマラヤの山々の風景に見えないこともない!?

▼朝日山第一ロマンスリフト(万座温泉スキー場)

▼リフト料金は300円だった。

▼降り場

▼朝日山第一ロマンスリフト降り場前の志賀草津道路。
ここをずっと辿って白根火山駐車場の方まで行った。

▼朝日山第一ロマンスリフト降り場から見える山々。

▼志賀草津道路(冬季通行止)。標高2000mを越す志賀草津道路は、ところによって雪が吹き溜まりになって3~4mも積もっていたり、ところによって風で雪が飛ばされてアスファルトが 露出していたり。実は志賀草津道路は日本で一番標高が高い国道なのらしい。

▼万座道路(牧千俣線)との分岐。

▼白根火山駐車場

▼このなだらかな丘を登っていく。

▼白根山 湯釜。なだらかな丘のてっぺんにスキーをつけた人々の集団が見える。

20100420162603

▼白根山 山頂 2160m。雪が…少ない・・・・。
山の稜線上だし、雪の量も少ないし、風がかなり強そうな場所に見えるが、幸いにもこの日は風がほとんどなかった。

▼下山。山肌は地肌が見えており、登山道でもなかったが、もときた道を遠回りして下るのが嫌で、そのまま西横行に下ってしまった。
結構苦労した。

▼志賀草津道路にたどり着くと、雪の吹き溜まりになっていて、道路標識が頭だけ出していた。

▼万座温泉周辺。万座園地概況図の看板

▼万座温泉スキー場のリフトと山肌。駐車場から。


 前のページ
中央本線 東塩尻駅跡 東塩尻信号場

長野県・塩尻市
次のページ 
豊国館(ほうこくかん) 万座温泉 外来入浴

吾妻郡・嬬恋村
316 views