Skip to content →

国立天文台 三鷹キャンパス

日本 > 関東地方 > 東京都 > 三鷹市 >

住所:東京都三鷹市大沢2-21-1
入場:無料
時間:10:00~17:00(10月~3月は16:00まで)
電話:0422-34-3600(代表)

1920年(大正9年頃) 地形図 天文臺が記載されている
1930年(昭和5年頃) 国立天文台付近 地形図
昭和前期 国立天文台付近 五万分一地形図
Google Maps
国土地理院

自然科学研究機構 国立天文台(NAOJ) 公式サイト
国立天文台 三鷹キャンパス – MapFan(マップファン)
国立天文台三鷹キャンパス – Wikipedia

▼重厚な門柱

▼入口を入ったすぐの所にある小さな小屋。

▼第一赤道儀室。登録有形文化財。

 

▼第一赤道儀室のそばにあった古い木造電柱

▼第一赤道儀室 内部

▼第一赤道儀室の天井。

▼大赤道儀室。登録有形文化財。

▼大赤道儀室。天文台歴史館となっており、内部にはいろいろな展示物がある。

▼大赤道儀室。アンティークな天井。

▼大赤道儀室。焦点距離約10mの巨大望遠鏡。

▼大赤道儀室。

▼アインシュタイン塔。内部は入場不可。登録有形文化財。

▼アインシュタイン塔。

▼スクラッチタイル張りの旧図書館。

▼旧図書館。

▼旧図書館。スクラッチタイル張りだったのは建物の表半分だけだった。
裏側は普通の壁面だった。これも可愛いけど。

▼旧図書館。

▼旧図書館。

▼レプソルド子午儀室。

▼レプソルド子午儀室。

▼レプソルド子午儀室の内部展示物。

▼レプソルド子午儀室。

▼ゴーチェ子午環。巨大バウムクーヘン巻き巻きエスカルゴハウス。

▼ゴーチェ子午環。

▼ゴーチェ子午環の内部。

▼ゴーチェ子午環の内部。

▼ゴーチェ子午環内部から外を眺める。正面はレプソルド子午儀室。

▼ゴーチェ子午環の窓。この窓可愛い。

▼ゴーチェ子午環近くにあった古い木製電柱。

▼森のなかのゴーチェ子午環。

▼自動光電子午環。これは比較的新しい。
1982年9月設置、1983年より観測開始。


[大きな地図を見る]

▼天文台 内部地図

後年、CD-ROMへの焼きこみが失敗してしまい、この日に撮影した写真の多くを紛失してしまった。

 前のページ
(戦跡)東京調布飛行場 門柱

東京都・調布市
次のページ 
(戦跡)高尾駅の古レール柱/機銃掃射の弾痕 2009/06/30

東京都・八王子市
180 views