Skip to content →

新宿遊歩道公園・四季の路(都電軌道跡)

日本 > 関東地方 > 東京都 > 新宿区 >

靖国通りから新宿文化センター方面に抜ける約260mの小さな遊歩道「四季の路」。この道は昭和45年(1970年)に廃止された都電の13系統軌道跡を再利用したもの。ゴールデン街の裏側にあたる。平成6年(1994年)新宿区発表の「みどりの新宿30選」に選ばれている。

子どものころ新宿文化センターに行くのに時々この道を通った。子供心にあまり良い環境ではないのを感じ取れる雰囲気だった。都会住みの子達は慣れきった様子でこの通路を抜けていたが、田舎住みの自分には昼間でもちょっと異様で怖かった。それは新大久保周辺の環境も同様だったと思う。

参考:
あの日の新宿―昭和25年から30年代の思い出と出会う (地図物語)
東京山手・下町散歩 (どこでもアウトドア) P.22
ぽこぺん都電館

地図:
Google Maps
国土地理院1:25000地形図 東京西部(東京)

▼現在のGoogle Mapsに昭和44年(1969年)の都電の軌道を加筆してみた。

↓以下、引用。

▼ゴールデン街の裏側。現在「四季の路」になっている都電専用軌道。時期不詳。
あの日の新宿―昭和25年から30年代の思い出と出会う (地図物語)より。

▼ゴールデン街の裏側。写真家の渡辺克巳氏撮影。現・四季の路。あの日の新宿―昭和25年から30年代の思い出と出会う (地図物語)より。

▼都電の回送線があった頃の四季の路。あの日の新宿―昭和25年から30年代の思い出と出会う (地図物語)より。

▼昭和37年、新宿区役所付近を走る都電。あの日の新宿―昭和25年から30年代の思い出と出会う (地図物語)より。

▼『新宿駅前の停留所には3本の都電の線路が平行していた。何本もの都電が連なる光景は珍しいものではなかった。』
あの日の新宿―昭和25年から30年代の思い出と出会う (地図物語)より。

▼『都電を待つ人々の列。』 あの日の新宿―昭和25年から30年代の思い出と出会う (地図物語)より。

▼都電車内の光景。あの日の新宿―昭和25年から30年代の思い出と出会う (地図物語)より。
『当時は車内で様々なコミュニケーションがあった。車掌さんがいる光景はワンマンカー全盛の現代からは新鮮に映る。』


 前のページ
(珍建築)ニュースカイビル(軍艦マンション)

東京都・新宿区
次のページ 
旧梅田診療所(国登録有形文化財)(解体済み)

東京都・立川市
1,765 views

Copyright 2007-2017 裏街POLKA All Rights Reserved.