Skip to content →

小滝坑口 小滝坑跡

日本 > 関東地方 > 栃木県 > 日光市 >

kotaki-koguchi_04

日光市指定史跡
明治10年(1877年) 足尾銅山経営を始めた古河市兵衛は小滝の旧坑(250m先までの掘止)を利用し、明治18年(1885年)7月にこの小滝坑を開坑した。
明治26年11月には本山坑(間かく3005m)と貫通し、次に立坑で通洞坑(間かく3276m)とも連絡するようになり備前楯山に向かって3坑から採鉱がすすめられた。
この開坑の功労者は笈川清七と本部末次郎であり、当時下駄づくり小屋が一軒しかなかったこの土地に、小滝坑を中心に銅山の施設と集落が出現し、大正年間には人口一万人余となった。
昭和29年(1954年)銅山の経営合理化により小滝坑が廃止されるとともに銅山の施設が全部撤去されて今日に至っている。
当時の名残りを小滝坑と前岸の削岩機練習のノミ跡にとどめている。小滝坑の小坑は、旧坑の一つである。
  (昭和51年3月15日 日光市)

1:25000地形図 足尾(宇都宮)
Google Maps

旧小滝橋のすぐ目の前にある小滝坑口。見た目は通洞坑に似ている。案内板が設置してあるので、すぐに見つかる。
この小滝坑が数キロ離れた本山坑や通洞坑と貫通しているというのに驚く。

▼フォントがレトロ。同じ刻印は通洞坑でも見たけれど。昭和六年十一月一日。

▼昭和47.12改修 技術係 保坑

▼年季の入った赤錆

足尾銅山産業遺産巡りMAP(小滝地区)

 前のページ
中才浄水場 足尾町

日光市・足尾町
次のページ 
足尾銅山生活協同組合 三養会(さんようかい) 深沢売店(解体済) その1

日光市・足尾町

217 views

Copyright 2007-2017 裏街POLKA All Rights Reserved.