Skip to content →

花屋旅館(小名路)

日本 > 関東地方 > 東京都 > 八王子市 >

Google MapsMapFan
八王子市西浅川町小名路

国道20号・甲州街道を相模湖方面に向かって歩き、両界橋を超えたあたりの左側(浅川の小渓谷に面した所)に旅館・花屋がある(現在は廃業)。江戸時代創業の由緒ある旅館で、中里介山の小説「大菩薩峠」に登場しただけでなく、小仏関跡の除幕式に参加するために与謝野晶子・野口雨情などが宿泊したらしい。

数年前までは近隣の敷地にも古い木造平屋建て家屋がたっていて(現在は解体済)、どっちが花屋旅館なのか分からなかった。営業はしていないが、現在でも玄関の軒先に小さな旅館の表示があり、建物は手入れされている気配がある。江戸時代創業とのことだが、建物は改築されているのかもしれない。

両界橋から眺めた浅川小渓谷と花屋旅館。

花屋旅館のお隣に建っていた平屋住宅。こちらが花屋旅館だろうかと見まごってしまった。こちらの民家は解体されたが、コンクリの石垣だけはそのまま残る。

 前のページ
大阪窯業八王子工場引込線跡

東京都・八王子市
次のページ 
小名路(こなじ)

東京都・八王子市
329 views

Copyright 2007-2017 裏街POLKA All Rights Reserved.