Skip to content →

第2石曽根橋梁 甲武鉄道時代の煉瓦積み橋梁

日本 > 関東地方 > 東京都 > 八王子市 >

JR中央線とJR八高線の分岐にある甲武鉄道時代(明治時代)に作られたレンガ積みの橋りょう。2000年頃まで近くの民家の中にも甲武鉄道の煉瓦積み擁壁が残っていたらしいが、2007年に見に行ったら駐車場になっていた。残念ながら解体されたらしい。道の真中に突き刺さってる古い木材も気になる。
参考:「多摩 幻の鉄道―廃線跡を行く」 のんぶる舎
参考:JR東日本 中央線の歴史
Google MapsGoogle Street ViewMapFan.webゼンリン

isizone_DSCFsone0024_w

 前のページ
西八王子 千人町の飲み屋(解体済み)

東京都・八王子市
次のページ 
陣馬の湯 温泉 「姫谷」 外来入浴

神奈川県・相模原市
109 views

Copyright 2007-2017 裏街POLKA All Rights Reserved.