Skip to content →

尾去沢 水晶山団地(水晶山住宅)(解体済み)

日本 > 東北地方 > 秋田県 > 鹿角市 >

茶臼館跡から500mほど歩いて「水晶山住宅前バス停」にやってきた。
バス停前の平たく整地された一帯に、平屋建ての木造家屋とコンクリートブロックの長屋が立ち並ぶ。
昭和34~40年建設の水晶山市営住宅(水晶山団地)。
都会の発展とは無関係のような昭和中頃の風景がそのまま残る。
過疎化が進んでいて静かだけど、出入りする住民の姿をチラホラと見かけた。

尾去沢鉱山は昭和53年(1978年)に閉山したらしい。
ここが鉱山住宅として利用されたこともあったのか気になる。
1948年(昭和23年)の航空写真を見ると水晶山団地はまだ開拓されていない。
現・城山野球場のほうが住居が密集している。

※2014.12.12追記
水晶山団地の西側はすべて解体済みとなっている(Google Mapsストリートビュー確認)。
どのオンラインマップからも「水晶山住宅」の表示が消えている。

※2015.6.25 現地に訪れてみたが、東側もすべて解体されて更地になっていた。水晶山団地は完全に消えた。

名称 水晶山市営住宅(水晶山団地)
住所 〒018-5202 秋田県鹿角市尾去沢字尾去山国有林283
建設年度 昭和34~40年
地図 MapFan
ゼンリン いつもNAVI
Yahoo!地図
マピオン
Google Maps
国土地理院
鹿角市の方針 公営住宅法に基づいて建設・管理された鹿角市の賃貸市営住宅です。住宅に困窮している方に安価な賃貸住宅を供給することにより、生活の安定と社会福祉の向上を図っています。

▼中央の大通りより東側はほぼ道路と同じ高さ、西側は道路より一段高く盛土された上に住宅が建てられていた。小さな階段も設けられていた。東側は平屋建ての木造が多く、西側はコンクリートブロックの長屋が多かった。

▼水晶山住宅前バス停(秋北バス)

▼以下、2014年6月のストリートビューキャプチャ画像。まだ若干住宅が残っている。解体中の風景も写っている。

 前のページ
老舗 洋食の店 グリル歓土里(カントリー)

秋田県・大館市
次のページ 
大館の廃屋と商店

秋田県・大館市
282 views